最高の仕事との出会い。豊富な求人から自分の道を見つけよう

大きな社会貢献

障害者雇用によって社会貢献もできる

会社は、法律によって原則一定率の障害者雇用が義務付けられています。また、障害者雇用をすることによって助成金が得られます。一定率を満たせない場合には一定のペナルティーを払うことによってその義務は免除されますし、業種によってはその雇用率が軽減される場合もありますが、障害者雇用を進めることは、大きな社会貢献になります。 企業の社会的貢献が叫ばれている中で、障害者雇用に積極的な企業の評価は当然高くなります。単に義務だから、助成金がもらえるからといった姿勢ではなく、企業の社会的地位向上のためと考えて推進することが大事です。 そういった姿勢が良い従業員を採用することに繋がり、結果的には業績アップに繋がっていく可能性もあるのです。

障害者雇用の種類

障害者雇用には、一般企業で雇用されるものと、就労継続支援事業(A型・B型)があります。 一般企業での障害者雇用は、「障がい者の雇用の促進等に関する法律」で定められており、「障害者雇用率制度」で定められた一定以上の障害者を雇用するか、納付金を納付するかしなければならないと定められています。 就労継続支援事業による障害者雇用は、A型事業所とB型事業所があります。A型事業所は、「通常の事業所で雇用されることが困難」という条件のもと、雇用契約を結んで就労します。最低賃金の保証もあります。B型事業所では、「雇用契約に基づく就労も困難」という条件のもと、雇用契約を結ばずに就労します。最低賃金の保証はありません。

Copyright (c) 2015 最高の仕事との出会い。豊富な求人から自分の道を見つけよう all reserved.